toggle
2018-07-17

NO.6 共食をする Eating together

NO.6 共食をする Eating together

<概要説明>

一緒に食べれば心が通う

 

<そのパターンをどのようなときに使うのか>

料理してくれた人や生産者とともに食卓を囲んで一緒にご飯を食べる

 

<ある状況のもとで生じやすい問題>

自分たちの食べているものに関心を持つ

 

<問題の解決を困難にしている原因。物事や人間についての変えることができない力や法則性>

・食材がどこから来るのか興味が持ちにくい

・一緒に食べる機会がない

 

<その問題に対する「解決」のコツ>

食卓を囲んで一緒に食べる

 

<アクションとして、具体的なレベルに落とすとどうなるか>

・生産者と出会う

・食事を作る

・人とのつながりを作る機会にする

・知らない人同士をマッチングさせる

 

<関連パターン>

共菓子のチカラ(No.1)、距離をちぢめる(No.10)

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。