toggle
2018-07-13

NO.2 渇きをうるおす Relieve thirst

NO.2 渇きをうるおす Relieve thirst

<概要説明>

飲み物は気候に合わせて用意する

 

<そのパターンをどのようなときに使うのか>

・短時間でもリフレッシュしたい

・心地よい場を作りたい

 

<ある状況のもとで生じやすい問題>

時間が短くて、お菓子を食べるほどではないが、会議の雰囲気をよくしたい

 

<問題の解決を困難にしている原因。物事や人間についての変えることができない力や法則性>

・昼食後すぐの短い会議など、お菓子は必要ないと言われる

・時間が短いから、雰囲気づくりのために何もできないと思う

 

<その問題に対する「解決」のコツ>

飲み物が用意されていると、リフレッシュしやすい

 

<アクションとして、具体的なレベルに落とすとどうなるか>

・夏場は室内が冷えていているので、季節を問わずあたたかい飲み物を用意する

・いろいろな種類が選べるように、コーヒー、紅茶、日本茶など数種類揃える

・お水があると喜ばれる

 

<関連パターン>

共菓子のチカラ(No.1)アレンジ上手(No.7)

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。