toggle
2018-07-29

No.18 こうなりたい Image the goal of session

No.18 こうなりたい Image the goal of session

<概要説明>

ゴールイメージは実現させたい世界

 

<そのパターンをどのようなときに使うのか>

・参加者の課題に寄り添いたいと思っているとき

・参加者の人たちが、対話が終わったあとにどうなっているとよいかを考えるとき

 

<ある状況のもとで生じやすい問題>

対話をはじめるときに、ゴールイメージを置き去りにしがち

 

<問題の解決を困難にしている原因。物事や人間についての変えることができない力や法則性>

参加者の悩みは、はじめからオープンにされていないので、どうなっているとよいかがイメージしにくい

 

<その問題に対する「解決」のコツ>

参加者の気持ちによりそう

 

<アクションとして、具体的なレベルに落とすとどうなるか>

・相手の気持ちに寄り添うように、その人にとって響く言葉がけを考える

・課題が解決されたら、どのような未来が待っているのかを示す

 

<関連パターン>

道をつくる(NO.17)

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。