toggle
2018-07-12

1 共菓子のチカラ Power of refreshment

 

NO.1 共菓子のチカラ  Power of refreshment

<概要説明>

お菓子ひとつでも雰囲気を変えるチカラがある

 

そのパターンをどのようなときに使うのか

これから新しく対話をはじめるとき

・今までやってきた打ち合わせを活性化させたいとき

・いつもの会議のマンネリ化から脱出したいとき

・堅苦しい場を柔らかく話しやすくしたい

・心地よい場を作りたい

 

ある状況のもとで生じやすい問題

はじめて集まった人同士が話すには、固い雰囲気だと話しにくい

 

<問題の解決を困難にしている原因。物事や人間についての変えることができない力や法則性>

・人はその場から目に見えない空気を感じ取る

・お茶室のような場だと気が引き締まるなど、醸し出す雰囲気に左右される

 

<その問題に対する「解決」のコツ>

固い雰囲気で話しづらいので、見た目を楽しんでもらったり、食べてリラックスしてもらう

 

<アクションとして、具体的なレベルに落とすとどうなるか>

・いつも食べている手軽に手に入るものよりも、わざわざ感があるお菓子を用意する

・個包装になっていて、つまみやすい

・見た目がきれい、かわいい、話題性があるなどちょっとこだわったもの

・飲み物にもこだわりがあると嬉しい

 

<関連するパターン>

渇きをうるおす(No.2)アレンジ上手(No.7)

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。