toggle
2018-04-13

組織ふうどのすすめかた 35.自己組織化

雪の結晶

六花とは雪の結晶のことです。自然がつくり出す、一つとして同じ形ではない幾何学的な模様は大変美しいです。

自己組織化というのも、自然と秩序が生じて、自分自身でパターンのある構造を作り出して組織化していく現象のことです。

私たちが目指したいのは、参加者が自由に対話をして、主体性の解放をする世界です。

生物多様性のようにひとり一人が違っていて、その一人が自ら動き出していくのです。

 

ステージ三段階

組織の風土を改革していくには、次のようなステージがあります。

最初は自分たちの置かれた状況を把握する。

次に未来はどうありたいかを自分たちで作り出す段階。

そしてそれが叶った状態へと動き出す。

ステージ三へ導くには、自己組織化を意識することが必要です。

 

二人以上いれば組織

組織というと大きな会社というイメージですが、組織ふうどは二人以上いれば組織としています。まずは身近な組織の中で起きている関係性を見直しましょう。

自己組織化が進んでいくと、環境が変わったから自分たちも動く。

というように、こんなふうになっていきます。

✔誰かによって作られ、命令され、動かされるのではなく、

✔組織の構成員が相互作用を通じ、

✔主体的・自律的に

✔変化する環境と適応していく

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。