toggle
2018-04-12

組織ふうどのすすめかた 34.センシング

コミュニケーション

聞き手と話し手が行うコミュニケーションには2種類あるといいます。

一方通行の情報の流通経路、人の変化を起こすもの。

組織ふうどでは、人の変化を起こすコミュニケーションを目指しています。

創造性を活性化させて、関係性を強める本質的なコミュニケーションです。

おのずと結果も変わってくると考えています。

 

ファシリテーションの担い手

ファシリテーターはその場に意図をもって計画して、その結果個々人の内省を伴う語らいができることを担っています。

意図を持つことは、参加者の人たちがこうなったらいいなという思いを持ち、どんな場になるかを考えることです。

個々人の内省を促すためには、発言を受容し、よい問いを適切なタイミングで投げかけることです。

どちらも行き過ぎてしまうと、窮屈な場になってしまうので、ある程度の自由度を残すというバランスが大事です。

 

感じる力

良い場とは、人々が作ろうと意図を持ってはじめて創造されるものです。

その要素は、参加者に対して敬意を払うこと、好奇心をもつ、友好的にかかわるという3つです。

それに加えて沈黙をもって内省し、今にゆったりと自分をおくことです。

ファシリテーターとしてその場を感じる力は、回数を重ねることによって徐々に経験を積むこともできますが、その人の在り方というものが最も顕著に現れるように思います。

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。