toggle
2018-04-03

組織ふうどのすすめかた 25.実践する

行動する

 

じかに見つけている方のお話を先日伺いました。

朝起きてから、情報のアンテナを張りっぱなしの生活をして、出かける時には心掛けていつもと違う道を歩いたり、路地裏を探索しているそうです。

そうするといろいろなことがわかってくると言います。

ご自身の体験から比較することもできて、一次情報として集まってくる。

これも一つのやり方だと思いました。

 

自然にふれる

 

お昼休みなどの短い時間でも散策すると気持ちが切り替えられます。

木々の芽吹きや花が咲いたりしているなど、季節の移り変わりに気づきます。

これもいつものパターンを変える一つではないでしょか。

 

求められる成果

 

ところで、何かありそうなところを研究テーマにして、やっていくには予算が必要です。研究結果の成果や数値的な根拠を示せないと、それは難しいです。

 

何か面白そうだからやってみよう、という研究がいまはできなくなってきていると聞きます。

ほんとうにクリエイティブな知性は、自分が何を研究しているのか、よくわからないうちに大発見・大発明するとか。

 

なんとなく「いいこと」がありそうな気がするというような無根拠な直観に導かれて進むものをどんどんやっていけるようになりたいです。

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。