toggle
2017-12-17

組織ふうどのすすめかた 12.継続する

これから対話をはじめようとして、対話を一度きりで終わりにしてもいいものか、迷うと思います。

継続させていくには

組織で行われる対話のテーマとしては、つぎのような例があります。

「経営層の思いや意図の理解」「現状の問題などの意識化(気になることについて)」「組織を横断したつながりの醸成」「現場で起きていること」「自分たちの組織の未来について」など現在だけでなく、未来のありたい姿についても語られます。

対話の場として継続させていくために、毎回テーマを変えていくという方法があります。

 

仲間とともに

もう一つ大事なことは、対話を企画する側で、コアメンバーを作ることです。

コアメンバーは、一緒に企画を考えてくれる人たちのことです。

対話会の前にコアメンバーと意図合わせをして、どんなテーマにするのか、参加者のイメージ、終わったあとのゴールイメージをつくっていきます。

実施するにあたり、気がかり、大事にしたいこと、どんな場にするのか、という場の設計も話し合います。

 

企画側の心構え

設計で全体像をつくり、あとは当日の参加者が自由に、その人らしくふるまえるように、持っている力を発揮できるような安全な場を用意します。

安全な場をつくるには、ファシリテーターの役割が重要です。

具体的には、発言を受け取る。発言を受けとったことを伝える(返答する)発言に対して思ったこと、感じたことを話す。発言しなくても見守っている。

発言をうながす。発言しやすい言葉がけ(もうちょっと聞いてみたいことはありますか)を使う、自発的な発言を促していきます。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。